2014

お客様の声 2014年

お客様の声

お客様の声
2015201320122011

voice_icon03 北欧ハネムーンクルーズ 
奈良県 S様 ホーランド・ユーロダム 北欧クルーズ 8/06-16


一生に一度のハネムーンに、北欧ハネムーンクルーズ
私たちは北欧クルーズを選びました。
多くの都市をスーツケースを持ち歩かずに移動できる
こと、個人旅行でも安心であること、物価の高い北欧では意外とクルーズがお値打ちであることが理由です。

コペンハーゲン空港からホテルまではタクシーの予定でしたが、電車好きの好奇心が押さえられず、
見よう見真似で切符を買い、空港から電車に乗ったところ、タクシーの10分の1の運賃で到着しました。
当初間違って乗りかけたカッコいい特急列車は、
ストックホルム行きでした。国際列車とは流石欧州。

出発地のコペンハーゲンの港では、
予想以上に大きな船が停泊しており、
乗船すると広い客室と明るいテラスが待っていました。
北欧ハネムーンクルーズ
乗客はほとんどが欧米人のシニア夫婦。
2,000人以上乗っていたそうですが、日本人らしきグループは私達のほかには1組しか見かけませんでした。

8月のお盆の時期の気温は、コペンハーゲンが25度で
過ごし易く、ノルウェーもスウェーデンも20度未満で
にわか雨が降ると肌寒く感じるほどでした。

21時を過ぎると夕日が水平線に沈みます。
360度を海に囲まれた世界に興奮し、
何度もデジカメのシャッターを押しました。

どの寄港地でも巨大な船が直接港に接岸することができ、
海の深さを実感しました。
特にフロムはこんなに山が迫っているのにもかかわらず・・・北欧ハネムーンクルーズ
流石フィヨルドです。

船内の公用語は英語、寄港地でもずっと英語。
日本語ゼロ。しかし、英語がそれほど得意でない私達夫婦
でもフレンドリーなクルーとコミュニケーションが取って
いるうちに、船内新聞や放送もわかるようになります。

フロム鉄道では隣席のオーストラリア人夫婦と北欧ハネムーンクルーズ
会話が弾みました。
世界中を回っていて、日本にも数週間旅行で
滞在したことがあるそうです。・・・羨ましい。

船内のインターネット使用料は一桁間違っているのでは?
と思うほど高額なのですが、
寄港地はフリーWi-Fiスポットが充実しており、北欧ハネムーンクルーズ
観光案内所やカフェに行けばスマートフォンで調べ物を
したり家族友人とのメールができます。

お陰で現地に住む日本人の友人と連絡を取ることができ、
北欧は物価が本当に高く、日本で女性に大人気の北欧雑貨
ブランドも、現地で買うより日本で買う方が安く、
持ち帰りの破損リスクもないのを教えてもらいました。
でも・・・目の前のお洒落なディスプレイを見ると、北欧ハネムーンクルーズ
つい手が出てしまいます。我慢VS記念、さぁどっち?

比較の例を出しますと、500ml(2Lではありません)
ペットボトルのお水がセブンイレブンで約340円でした。

美味しい食事に常に囲まれている幸せな環境のお陰で、
摂取カロリーは普段の倍くらいになったと思います。
2日に1回は船内のフィットネスジムに通いましたが、北欧ハネムーンクルーズ
それでも最終日にはふっくらと、
優しい顔つきになっていました。

レストランのお料理も当然ながら、
プールサイドのハンバーガーが非常に美味しいです。
日本に出店してほしいくらいに・・・。

フォーマルナイトは2回ありましたが、
体格のよい欧米人に囲まれても見劣りしない服装・・・北欧ハネムーンクルーズ
ということで、思い切って着物を持参しました。
自分で行った怪しい着付けでも、乗客・クルーには
大変好評で会話が弾みました。
着物は畳むと平らになるため、スーツケースの中でも、
かさ張らないのでお勧めです。

帰りの飛行機内で、船内で出会ったアメリカ人ご夫婦に
偶然再会したのですが、離陸後しばらくすると北欧ハネムーンクルーズ
客室乗務員さんが「Happy honeymoon!」と、
ファーストクラス用の食事を持ってきてくださいました。
なんと、先ほど再会したご夫婦が手配してくださった
プレゼントだったのです。
船内で着物をきっかけに話しかけて下さったこのご夫婦。
結婚37年目とのことですが、私達も37年後にこんな
格好いい夫婦になっていたいものです。

その日は折しも終戦記念日。北欧ハネムーンクルーズ
出会いと平和に感謝しながら暑い日本へ帰国しました。

ビガー・トラベル・サービスさんにお願いした
きっかけは、偶然ホームページをみつけたからなの
ですが、プランニング時のご説明が他の旅行社さん
より、専門的ながらもわかりやすく、
出発前の丁寧なフォローのお陰で、
しっかりした事前準備の下、
安心して旅行することができました。

森本さんにお願いできて本当によかったです。
出会いは旅先だけではなく、
旅行前から始まっていたのですね。


写真北欧ハネムーンクルーズ
1.Eurodom
2.voyage
3.room
4.タオルアート
5.船内新聞
6.sunset7.フロム
7-2.フロム鉄道内
8.オスロ
9.formal night
10.ピナクルグリル


voice_icon02 バルト海クルーズの旅 
長崎県 T様 ホーランド・ユーロダム バルト海 6/24-7/10


この度「クルーズは楽しいらしい」というバルト海クルーズ
旅行会社に勤める娘に勧められ、ユーロダム号の
バルト海クルーズに参加してきました。

我々夫婦は高齢でもあり最初は躊躇致しましたが、
日程が福岡とアムステルダム直行便利用で乗換の
煩わしさが少なく、ロシアを一度は訪ねてみたいと
思っていた為、勇を奮って出掛けました。
バルト海クルーズ
旅行中、異文化に多少とまどいや驚きはあったも
のの、全体所見としては大いに満足致しました。

初めての船旅でしたが、その魅力は、
荷ほどきが一度で済むこと、
夜寝ている間に次の観光地に移動していること、
何より妻が喜んだのは、自分で用意しないでよい
三度の食事が待っていることでした。バルト海クルーズ

今回の旅、寄港地はどこも素晴らしかったのですが、
特にスウェーデンのストックホルム近辺にある
小さな島々の間を白夜の薄明かりの中航海していた時
の風景は忘れられません。

又、食事は和食らしきものも含め、
レパートリーが多く飽きる事がありませんでした。バルト海クルーズ

航海中も手品やダンスのショーだけではなく、
料理・踊り・油絵鑑賞などの教室もあり
充実して過ごせました。

反対に我々にとって、少し面倒だったのは、
船内の共通語が英語の為(乗客の8割が欧米人)
船内放送の時「聞き逃してはならぬ」と緊張する事。バルト海クルーズ

当然、毎日各部屋に回覧される当日の予定も全て
英語。夕食の合い席の外国人の方とも英語でないと
意思疎通が図れません。

しかし、大切な予定の変更や時差修正等はきちんと
文書で示され、放送とは別に回覧されていたのはバルト海クルーズ
感心致しました。

御社からは、出発前から数々の御親切なアドバイス
のみならず、船室の指定をはじめ飛行機の座席や
観光地のご案内、細かなご配慮をいただき、
大変助かりました。
おかげで安心して旅行が楽しめました。


●写真とコメントバルト海クルーズ

1.6月25日
コペンハーゲン運河クルーズの船着き場:
日本語のオーディオガイド有ります。

2.同日
世界3大ガッカリの1つと言われる
人魚姫の像の後姿。バルト海クルーズ

3.6月26日
ホテルからクルーズ乗船へお迎え車は
女性運転手の大型バス。
次の仕事の関係でバスを運転して来たとのこと。
客は我々二人のみ。

4.6月27日バルト海クルーズ
船内フォーマルディナーでの夕食。

5.同日
クルーズ船内の部屋。十分な広さ。
旅の安航を祈ってワインで乾杯。

6.同日
9階の屋上プールは二つあり、バルト海クルーズ
その側のジャグジーを楽しむ人々。

7.6月28日
世界で2番目に美しい港と言われるエストニアの
首都タリン。尖塔の教会と城壁が印象的であった。

8.同日
船内劇場におけるショーを楽しむ乗船客。バルト海クルーズ

9.6月29日
サンクトペテルブルク:大型クルーズ船が、
この日は4隻入港していた。

今回訪問国で唯一入国ビザが必要な国。
歴史を感じられる街並みは世界一とも言われている。バルト海クルーズ
日露戦争で日本海軍が撃ち破った、
ロシアのバルチック艦隊の出撃地だと思うと
感慨がわいてくる。

10.6月30日
「音楽と踊りの夕べ」のオプショナルツアーに参加。
ショーの中では軍人さんも演奏。
外貨獲得に駆り出されているのかと勝手に推測。
バルト海クルーズ
11.7月1日
フィンランドのヘルシンキに入港すると市内観光バス
で”Hop on-Hop off“という日本語の
オーディオガイド付きのバスが待機(15ユーロ)。

12.7月2日
スウェーデンの首都ストックホルム。
今回の訪問地の中では個人的には一番住んでみたい素晴らしい街。

13.同日
錨泊中の我が客船。
赤屋根の小型船は救命用兼お客さんを船と岸壁との移動に使用。

14.7月6日
ドイツのキール海事博物館に展示されているUボートの油絵と錆びついた特殊潜水艇。
Uボートは第二次世界大戦では連合国を震撼させたが、
そのほとんどはこのキール軍港から出撃、しかし無事に帰還したものは少ないとのこと。
博物館で見知らぬドイツ人に「日本人か」と声をかけられ、頷いたところ、
急に親しみを込めて、日本の船が展示されているところに案内され説明をしてくれた。

15.7月6日
船上での夕食。
ワールドカップの最中だったからか、ウェイターが我々が日本人だとわかると
日本とブラジルの国旗をテーブルに置いてくれる。


voice_icon01 初めての海外旅行・飛行機・クルーズ 
大阪府 M様 シルバー・スピリット 地中海クルーズ 6/26-7/05



新婚旅行で、豪華客船シルバー・スピリットでアドリア海クルーズに行って来ました。

実は当初の計画では、新婚旅行は、オーストラリアの横断鉄道「ザ・ガン」に乗るつもりで
旅行会社に行ってきましたが、オリジナルプランしか無理だと言われ、
あまりにも値段が高く諦めました。

そして、その方にクルーズはどうかという提案があって、聞いているうちに行きたくなって、
探すことにしたのですが、その会社は高いので、他の旅行会社の方へ
お話を聞くことにしました。

値段的にはその会社は10万円近く安いので、そちらで組んでもらおうと思ってたのですが、
船の部屋が選べないという問題が発生。

私は車椅子なので車椅子対応のお部屋をと思っていましたので、
その2社は部屋を指定できない、当日船の中でしかわからないということで諦めました。

そこでクルーズ専門にやっているビガー・トラベルに相談したら、部屋は選べるし、
ツアーじゃなく個人旅行で行けるので、最終的にこちらでお世話になることにしました。

対応もよく親切で、ほんといいクルーズ旅行会社でした。

シルバーシー 地中海クルーズ シルバーシー 地中海クルーズ

6月26日、自身初めての海外へ飛行機で旅立ちます。

大阪・関西国際空港からターキッシュ・エアラインズで、まずは乗り継ぎのイスタンブールへ。
そして出発当日、ビガー・トラベルの方が、関西国際空港まで来てくださり、手続き等、
いろいろお話して下さり、凄く助かりました。

関空でドルとユーロに換金して、出発ロビーへと向かいます。
パスポートとボーディングチケットをカウンターに提示し、
搭乗口で出発時刻22:30まで待機します。
どうしてかはわからないですが、遅れで出発時刻23:30に変更になってしまいました。

飛行機に搭乗します。
空港の係員の方が手伝って下さり、車椅子なので先に機内に搭乗します。

初めての飛行機で約12時間の長い空の旅の始まりです。

1時頃に機内食が出てきました。
そのあとトイレの問題もあるので、すぐに寝ました。

起きたら、外が明るくなっていました。
その後、着陸前にスクランブルエッグとサラダ、チーズ、パン等が出て来ました。
メインは美味しかったですが、サブの料理がいまいち。
着陸前の食事のあと数時間でイスタンブールに到着しました。

シルバーシー 地中海クルーズ シルバーシー 地中海クルーズ

乗客が皆さん降りてからイスタンブールの車椅子マークをつけたスタッフが私を車椅子に乗せ、
専用の車で移動しました。
そのあと、スタッフの車椅子に移され、乗り継ぎのアテネ行きの機内へと運んでもらい
席に着きました。
ここでも機内食。もちろん美味しくいただきました。

シルバーシー 地中海クルーズ シルバーシー 地中海クルーズ

アテネ空港で、車椅子班のお迎えを受けて、関空からお別れしていたエースくん
(自分の車椅子)に座らせていただきました。
なんとか無事のようで安心。それから入国審査を受け、
自分のスーツケースも無事受け取りました。

到着口で私達の名前の入った札を持った方と無事出会え、送迎の黄色いベンツに乗って、
シルバー・スピリットが待つ、ピレウス港へと向かいました。

「ピレウス港」のシルバー・スピリットが停泊している付近で
TAXIを降りるとすぐにシルバー・スピリットの担当の方がやってきて、
スーツケースを部屋に運びいれてくれるみたいで持って行ってくれました。
担当の方について行くとボディチェックや荷物の検査をされ、
無事シルバー・スピリットに乗り込むことができました。

シルバー・スピリットは大型客船ではないのですが、
それでもかなり大きくびっくりしました。

シルバーシー 地中海クルーズ シルバーシー 地中海クルーズ

14時から乗船でしたが先に入ってもいいということでザ・ロビーで待つことに。
早速シャンパンを持ってきてくれましたが、私たちはアルコールだめなもので
オレンジジュースに変更してもらいました。

このあと日本人のスタッフの方にレストランの予約を頼みました。
この船には、数箇所のレストランが存在します。
いつでも利用できる「ザ・レストラン(地中海料理&地元料理)」
予約がいる「ラ・テラッツァ(イタリアン料理)」「スターズ(タバススタイル)」
「セイシン(寿司&刺身)」「ル・シャンパン(フランス料理)」が楽しめます。

12時ごろでしたので食事がしたいと思っていると、プールバーで、食事ができると
聞いたのであがっていき、ハンバーガーを食べてきました。
これが最初のこの船での食事で、どんなのが出てくるか、味はどうかとか考えていました。

アメリカンバーガーらしくビーフが100%で普通のハンバーガーで少しがっかり。
ネットでは皆さん美味しいと書いてあったので、少し拍子ぬけです。

シルバーシー 地中海クルーズ シルバーシー 地中海クルーズ

食べ終わったあと、まだ部屋には入れないため、船を探索です。
9Fにある船体の後ろにあるパノラマラウンジに行くと、ドリンクはどう?と
ウェイターの方がおっしゃってこられたので、オレンジジュースを頼みました。
ここで少しゆっくりしたあと、各レストラン、スパ、図書室、娯楽室、
ブティック等をまわりました。

私達がお世話になる部屋の前に行ってみると、もう入ってもいいよと
スタッフの方が言ってくれたので入ることにしました。
「congratulation」と書いてある風船が四つも天井に飾られていて、
「SILVESEA」のロゴの入ったリボンが巻かれてありました。

テーブルの上にはいちごとチョコがおかれ、シャンパンが氷につけられていました。
このシャンパンをアルコールなしのシャンパンに変更してもらいました。
部屋はけっこう広く、気に入りました。

シルバーシー 地中海クルーズ シルバーシー 地中海クルーズ

ピレウス港を出航前に避難訓練も行われました。
これは全員参加の義務らしいです。

18時シルバー・スピリットが「ピレウス港」を出航しました。
もちろん後部の9Fパノラマラウンジから見ることにしました。
アテネの町並みが離れていく光景は寂しさも感じますが、
今から旅立つんだなぁと思える瞬間でもあります。

シルバーシー 地中海クルーズ シルバーシー 地中海クルーズ

お腹も空いたので晩御飯をいただきに行きます。
今日のドレスコートはカジュアルなので普段着で「ザ・レストラン」へ、
好きな場所、好きな時間に行けるので楽です。

とりあえずコースを頼むことにしました。
まずパンを持ってきてもらったのですが、これがまた硬くて、
やわらかいのに変えてくださいといったぐらいです、
変えてもらってもやっぱり硬い。
これはこういうパンなのだから仕方がないけど、
日本の焼きたてベーカリーのイメージがあってよけいに感じてしまいました。
20時を過ぎてもこの夕陽です。日本では考えられませんよね。

メインは私が牛フィレ肉、妻はミートパイみたいなのを頼みましたが、
フィレはマスタードソースを選びました。
トマトは半分丸ごと、ポテト、マッシュポテトです。
フィレ肉はとても美味しかったです。

これからの船の旅、どんな料理が食べれるか楽しみです。

シルバーシー 地中海クルーズ シルバーシー 地中海クルーズ

食事後、プール・バーでお茶を頂きました。
そのあと部屋にもどり、シャワーを浴びました。
蛇口をひねると、綺麗にシャワーがでなく、真ん中からぼとぼとてぇ感じで、
日本のTOTOのシャワーがなんとすばらしいものかと思いました。

仕方なくこれで浴びましたが、ほんと使いにくいシャワーでした。
温度も安定していると思うと少し熱くなったりと不安定で、
船のシャワーてぇこんなものなのか?と思いました。
シャンプー、リンス、石鹸等はブルガリでした。

そろそろ寝る準備でもしましょう。
時差の関係で少し疲れていたので、ベットは羽毛布団だったので寝心地はよく、
枕も数個から硬さを選べるということですが、
おいてあったものをそのまま使うことにしました。

せっかくの船の旅なので早寝早起きをしょうと、二人できめていたので寝ることにします。

この続きはお客様のブログ
Shutter Speed(いろんな出来事を掲載)



お客様の声
2015201320122011

よろしければ、情報をシェアしてください。