まちこ先生の旅からのらくがき

まちこ先生のドナウからのらくがき⑤ ~ベオグラード~

元日系国際線客室乗務員。現在はマナー講師として全国で活躍中。

ドナウからのらくがき

voice_icon01 アマ・ウォーターウェイズ 2016年 8/20-29
  まちこ先生のドナウからのらくがき⑤ 8/24 ベオグラード


深夜に、ノービサードを出港したアマセレーナは、ベオグラードに停泊していました。

今日の午前中の観光は難易度1(難易度1~3がある)
のベオグラード(セルビアの首都)です。

天候にも恵まれて(日中は日本の7月初旬の気温)
まず、ベオグラード要塞」へ。

それは紀元前4世紀に造られ始め、現在の要塞は18世紀以降に造られたもの。
ドナゥ川とサヴァ川が合流している要衝の地、丘の上に造られています。

堀には、第一次世界大戦以降に使われた
戦車や大砲などが置かれ、重たい気分になります。
しかし、丘の最高点まで行くと、そこからの眺めはまるで
おとぎの国に紛れ込んだように美しい。

思わず、”わぁ!”の一声が。
ドナウと川とサヴァ2つの川がまるで お互いに恋い慕うように合流しているのです。

次に旧市街の中にあるサヴァ大聖堂に(世界でも最大級の正教会、
1935年に建造開始後 戦争による中断を経て今も工事中)。

白い壁と青緑色の屋根のコントラストのまぶしい事 
聖堂の手前には多くの噴水が勢いよくあふれていました。
この聖堂は高い丘の上にあり、町のどこからでも見られるのだそうです。

ドナウからのらくがき ベオグラード

その後ベオグラードの中心ダウンタウンへ。
ここでは30分ほどですが自由時間がありました。
ガイドさんから、持ち物に気を付けて! とのアドバイスがありました。

ベオグラードの威厳ある建物には街の歴史の重みが感じられました。
ガイドさんにスーパーマーケットの場所を尋ねて行ってみました。
中に入ろうとするとJanaH(ヤハン)とおじ様に声を掛けられました。

スーパーマーケットではチョコレートを沢山買いました。
お安い!!! 普通サイズのチョコレートが40円位から60円位。缶ビールが60円。
ユーローは使えないのでクレジットでお支払い。
するとレジのお嬢さんもJanaH(ヤハン)と笑顔で。日本人とわかるのですね。

ベオグラード

バスで12時頃にシップに戻ってきました。
そしてランチタイムです。
夫の胃腸の調子が良くないので、ラウンジで軽食を頂きました。
ビールは頂いたものの、何も口に入らずちょっと辛そうです。

午後のツアーは私だけ行くことになりました。
彼はお部屋でTV映画(ミッションインポシィブル等)を見ながらお休みです。

午後2時過ぎ、バスで往復1時間半程の行程のキューブリック醸造所と
アヴァラ山のツアーに出かけます。

夫がいないことに気付いた方々が”What happed to your husband?” 
御主人はどうしたの?と心配して聞いてくれました。
”He needs a little rest” と答えると “Oh, OK” と納得してくれました。

キューブリック醸造所ではブランディの作り方とテイスティング。
そして素敵なブランディパーティに招待されました。
手作りのアップルパイとチーズとハムのオードブル、
どちらもブランディとよく合い美味しい事。

こちらで素晴らしいブランディをゲット。
大切な人(息子)へのお土産に。

ベオグラード ベオグラード

アヴァラ山ではエレベーターでタワーのトップまで登り、
ふもとに広がる山麓の家々と遠くベオグラードの街並みを
360度の視界より満喫できました。
その光景の美しい事。
息をのみこむような美しい景色、思わずため息が出てしまいます。

ベオグラード

バスは午後6時前にシップに帰ってきました。
私は夫が心配で直ぐに部屋に向かいました。
体調不良は続いており何度か戻したようです。
持参した薬を何回か飲んだようですが…。

いままでの疲れが弱い胃腸に現れたのでしょう。
ディナーには行けず、ミルクとソフトブレッド、アイスクリームと
ビールのルームサービスをお願いしました。

フロントのAdamさんがSureと笑顔でウインク。
レストランのJimさんが部屋まで持ってきてくれました。
夫の体調は私にも伝染しました。
食欲が引っ込んでしまいました。

ディナーの席に遅くに付いた私の我がままオーダー
(オムレツとアイスクリーム)にもCertainly と笑顔で答えてくれました。

ありがとう、Jimさん。
シェフさん、そしてAdamさん。
フロントのAdamさんに日本から持ってきたわさびビーンズ(小袋の50個入り)を
皆さんで分けてね、と渡しました。
ほんの少しでも感謝の気持ちを表したかったのです。

夜のドナウ河畔を楽しませながら、
深夜シップはベオグラードに別れを告げていくのでした。

そうですね。私はこの街ベオグラードをドナウのトパーズと名付けましょう。
トパーズの色はブランディの色ですから…。

line

まちこ先生のドナウからのらくがき
まちこ先生のドナウからのらくがき① ~プロローグ~
まちこ先生のドナウからのらくがき② ~ブタペスト~
まちこ先生のドナウからのらくがき③ ~モハーチ~
まちこ先生のドナウからのらくがき④ ~ヴコヴァル~ノービサード~
まちこ先生のドナウからのらくがき⑤ ~ベオグラード~
まちこ先生のドナウからのらくがき⑥ ~終日クルージング~
まちこ先生のドナウからのらくがき⑦ ~ヴィディン~
まちこ先生のドナウからのらくがき⑧ ~ルセ~
まちこ先生のドナウからのらくがき⑨ ~ブカレスト~


よろしければ、情報をシェアしてください。