シードリーム・ヨットクラブ

  • シードリーム・ヨットクラブ
シードリーム・ヨットクラブ

シードリーム・ヨットクラブラグジュアリークラス

真のラグジュアリーシップ  ~ヨットオーナーのように~

“It’s Yachting, not Cruising”
クルージングではなくヨッティングである。そのフレーズは何を意味するのか?
単なる贅沢三昧のラグジュアリー船ではない。

ヨットスタイルとは?
あたかも自身が豪華プライベートヨットのオーナーであるかのような
プライベート感覚あふれる究極の船旅。
そしてより風を感じ、海を感じる。
それこそが本来の船旅の醍醐味であったはずです。ぜひクルージングとの違いをお試し下さい。

シードリーム・ヨットクラブ シードリーム・ヨットクラブ

112名のゲスト、95名のクルー
たとえ最新鋭の船であっても、クルーのサービスレベルが低ければ、
その船旅の満足度は高くはなりません。
極限まで磨き上げられたクルーのサービス。
それこそがシードリーム・ヨットクラブの最大のセールスポイント。

きびきびと動き、よく気がつき、フレンドリーでスマート。
つかず離れずのほど良い距離感で、いつも船客を見守ります。
選りすぐりのクルーが心地良いヨットライフをお約束します。

シードリーム・ヨットクラブ シードリーム・ヨットクラブ

比類なき、異次元の船旅
シードリーム・ヨットクラブ名物のイベントは、シャンペン&キャビアスプラッシュ。
時に波の上に浮かべたボードにキャビアとシャンペンを載せて、
船客も海の中にざぶざぶ入ってキャビアと食べ尽くす、シャンペンを飲みまくる。
そんなイベントも陽気なヨットスタイルならでは。

シードリーム・ヨットクラブの船客はそんな”ワクワク感”を求めて、世界中から集います。
人生をとことんまで楽しむ。
それなら絶対シードリーム・ヨットクラブです。

真のラグジュアリーシップ
ラグジュアリー船の定義のひとつとして、オールインクルーシブがあります。
しかし、例えばお酒。
どんな酒でも飲み放題ならそれでオールインクルーシブなのでしょうか?

例えばシードリーム・ヨットクラブの場合、どんなシチュエーションでも振舞われる
シャンペンは指定ブランド「ジャカール」、ディナー時のワインは
毎晩のディナーに合わせてセレクト。
要はインクルーシブされているものの質が大切です。

「クオリティは一切妥協しない。その代わり相応の対価を頂戴したい。」という考え方。
ある意味、高次元で正直かつ真っ当なサービスをする数少ない船会社と言えます。

シードリーム・ヨットクラブ シードリーム・ヨットクラブ

ヨットオーナーのように 究極の船旅とは?
それは船を所有することがその答えかもしれません。
自身が豪華ヨットのオーナーであるかのような贅沢な船旅。
オーナーだからブリッジだっていつでも出入り自由。
何かの列に並ぶこともなく、何かに待つこともなく。
旅の一切のストレスから解放されて、楽しい時間を過ごすことに専念できる。
それがプライベートヨットの醍醐味。

豪華ヨットのオーナーになる。それが非現実的というなら、
その雰囲気に最も近いシードリーム・ヨットクラブに乗船されてはいかがでしょうか?

シードリーム・ヨットクラブ シードリーム・ヨットクラブ

究極の贅を尽くした食と酒
例えばステーキ、極上のフィレ肉です。
焼き加減も、例えばレアと注文すれば、ちゃんとレアで出ます。
船客たった112名だからこそ実現する究極のディナー。

シードリーム・ヨットクラブの食、いくつか印象的なメニュー。
前菜なら、卵の殻に入ったキャビアやフォアグラ。
スープは、絶品のコンソメ、白いトマトスープ。
メインは、ラムチョップ、舌平目のムニエルなど。
ランチビュッフェなら、蟹や海老のカクテル、
ムール貝のソテー、ブイヤベース。

朝はモーニングステーキやエッグベネディクト。
そして時々スパイシーなタイ料理やインド料理。
夕食前のオードブルにはお寿司も登場。

今やどこのクルーズ会社も”美食”を売りにしていますが、
さてシードリームの食、食材コストに勝てるでしょうか?

シードリーム・ヨットクラブ シードリーム・ヨットクラブ

シードリーム・ヨットクラブ コース一覧



 只今、作成中です。
 ご希望のコース・日程がございましたらお問合せ下さい。

よろしければ、情報をシェアしてください。