クルーズ乗り方ガイド

洋上リゾート(クルーズ)を初めての方でも最大限に楽しむ為、
ここでは乗船から寄港地・船内での過ごし方まで一通りご紹介。
気軽に参加できてリーズナブル。豪華で優雅なクルーズの旅を存分にお楽しみ下さい。

クルーズチェックイン

客船ターミナルで乗船受付をします。
出港の数時間前には受付終了となるので、乗船時間の確認をしておきましょう。
乗船手続には乗船券(E-チケット)、パスポート、クレジットカードを提示するのみ。

その後、カードに登録するための写真撮影をすれば、お名前が入ったクルーズカードが渡されます。
クルーズカードは客室の鍵船内の支払寄港地での乗下船時の身分証明の役割をする万能カード。
無事、チェックインが完了すれば手荷物検査を受けてクルーズ船内へ。

guide1

乗船から出港まで

出港までの時間は、船内の散策がお勧め。
大型船になると1回の乗船では船内を全て回りきれないこともあります。
出港時間前には、船内説明会を行う船会社もありますので是非ご参加下さい。
船内設備・カードキーの取扱い・避難訓練・クルーズコースの特徴などをご案内いたします。
日本人コーディネーター乗船コースでは、日本人向けの説明会が行われることもあります。

guide2

ボート・ドリル(避難訓練)

乗船後24時間以内にボート・ドリル(避難訓練)が行われます。
緊急放送後は客室備え付けの救命胴衣を着用し、指定場所に集合をします。
乗客全員の参加が義務付けられており、客室番号・名前をチェックされます。
いざという時のため迷うことのないよう必ず参加しましょう。

guide3

船内新聞で情報入手

キャビン(客室)には乗船日から毎日、船内新聞が配達されます。
各施設の営業時間、船内イベントやショーのプログラム、特別な催し物、今夜のドレスコードなどが記載されています。予定が変更された際もこの新聞に記載されるので、しっかり確認を。
日本人コーディネーター乗船コースの場合、日本語の船内新聞が配られることもあります。

guide4

船長主催のウェルカムパーティー

乗船翌日の夕方には、船長主催のウェルカムパーティが開催される客船も多いです。
船長のスピーチ、オフィサーが紹介され、クルーズらしいセレモニーが始まります。
この夜のドレスコードはたいていがフォーマル。着飾って大人の社交の雰囲気をお楽しみ下さい。

*フォーマルナイト:あまり堅苦しく考えずに、お洒落を楽しんで。

guide5

毎晩にぎわう ショーラウンジ

大型船には2,000人以上の収容可能なホールを備え、本格的なラスベガス・スタイルのショーが開催されます。
日本船では各寄港地に合わせたショーや、日本情緒を味わえる演目など、各客船で趣向を凝らしています。
就航エリアによりエンターテイメントが変化するのもクルーズの特徴です。

guide6

夜の楽しみ方も自由自在!

大人の娯楽にカジノがあります。運試しに挑戦してみてはいかがでしょう。
ルーレット、ブラック・ジャック、スロットマシーンなど本場の雰囲気。
日本船では現金を賭ける事はできませんが、ゲームでも熱くなります。
バーやラウンジで夜を過ごすのもお勧め。一日の締めくくりの1杯は、旅行気分も盛り上がります。
船のオリジナルカクテルを飲むのも良し、バーテンダーと仲良くなり、自分だけのカクテルを作ってもらったりもできます。

guide7

翌朝

朝食は? ダイニングルーム or ビュッフェ or ルームサービス…お好みでどうぞ!!

ダイニングルームでのアラカルト式でサーブされる朝食、
ビュッフェ形式で好きなものを取っておしゃべりを楽しみながら、
ルームサービスにて自室のバルコニーで潮風を感じながらの朝食など。
海の上での目覚めは、ひときわ気持ちよいものです。1日の始まりには、きちんと朝食を。

guide8

クルーズでは食べ過ぎに注意!?

クルーズの旅では、食が楽しみの1つ。つい食べ過ぎてしまいます。
しっかり食べた後は、しっかり運動を。船内にはフィットネスジムもあります。
潮風を感じながらオープンデッキでウォーキングも良いでしょう。
海原を快適に進む客船のデッキでの日光浴やプールも、火照った肌も冷やされ気分爽快。
温水ジャグジーやサウナを備えている客船も多いので、水着はお忘れなく。

guide9

ワンランク上のスペシャリティーレストラン

一般的に、高級なクルーズ客船になるほど食事のレベルも高くなります。
上質な食材を仕入れたり、世界の有名シェフやレストランに監修してもらうことが可能だからです。
また、小型客船になると乗客定員が少ない為、一皿一皿に手間をかける事ができます。
超大型船でレベルの高い食事を楽しみたい方は、スペシャル・レストランをご利用下さい。
少しの追加料金(テーブルチャージ)でワンランク上のお食事が楽しめます。

guide10

さて次は!?

1日中のんびり過ごすのもよし、イベントに参加するのもよし、
寄港地でブラブラ街歩きするもよし、全てはお客様のお望み次第。
欧米人にとってエステはクルーズの必須項目! 疲れた体を癒すにはスパでリラックスもお勧めです。
「非日常」を楽しむ船旅だからこそエステやマッサージにチャレンジしてみましょう。
最近では、リラクゼーションの為のエリアを拡大した新造船も続々とデビューしています。
スパは女性だけのものではありません。
男性客用のメニューやカップルで受けられるメニューもありますので是非チェックを。

guide11

最終日前日

乗船の記念にロゴグッズのお土産はいかがでしょう。
クルーズの最終前日には、船内のショッピングモールが賑わいます。
航海中は免税店もオープンしていますので、心置きなくお買物をお楽しみ下さい。
クルーズが終盤に近づくとセールを行う客船も多いので、ショップをこまめにチェックしましょう。
乗船日初日から、あらゆるシーンでカメラマンに撮ってもらった記念写真。
船内のフォトショップにてお気に入りの一枚が購入できます。

guide12

フェアウェル・パーティ

いよいよ今夜が最後の夜。名残を惜しむイベントが目白押しです。
乗船客同士で連絡先の交換や次回のクルーズを相談したりと船内の至るところで盛り上がります。

guide13

最終日(下船日)

楽しかった思い出を胸にチェックアウト。
通常、スーツケースは下船前夜の指定時間までに客室前の廊下へ出します。スーツケースは下船後、ターミナルで受け取るまで預けてしまいますので、着替えなどが入る1泊用バッグがあると便利です。
客室を出る時は、お忘れ物がないようにご注意下さい。

guide14

よろしければ、情報をシェアしてください。