「コスタ ビクトリア」タグアーカイブ

まちこ先生の海からのらくがき① ~シンガポール出航~

まちこ先生の旅からのらくがき元日系国際線客室乗務員。現在はマナー講師として全国で活躍中。

voice_icon01 コスタ・ビクトリア シンガポールクルーズ 2016年 1/20-24 
  まちこ先生の海からのらくがき① 


私ども夫婦を乗せた福岡発9時50分のシンガポール航空の飛行機は
1月20日、シンガポール時間の15時30分チャンギ空港への
スムースなランディングで、旅の幕開けをしてくれました。

QICも順調に16時頃、第2到着ロビーに出るとDroiさんがお迎えに来ていて下さいました。
ロビー内の両替所でシンガポールドルとマレーシアリンギットの交換も直ぐにできました。

夫はシンガポールは初めてですが、私は43年ぶりのシンガポールです。
緑の木々に囲まれたシンガポールの道路をドライブした記憶は、
Tekuさんの港までの30分の運転中、鮮やかによみがえって参りました。
Tekuさんとはここでお別れですがDroiさんは5時まで私どもに付き添って下さいました。
乗船手続き、荷物のチェックインの方法などわかりやすく説明して導いて下さいました。

何しろCOSTA VICTORIA の乗客は2000人。
加えて、ほかの大型客船の乗客もいます。
ですから乗船場は物凄い人、人、人….。
戸惑っている私どもにはDroiさんはとても頼もしく感じられました。

午後5時に「いってらっしゃい。23日の午後4時におむかえにきますね」
という言葉でDroiさんといったんお別れしました。

いよいよ大型客船のクルーズィングの始まりです。
ドナウ川とボルガ川のクルーズィング経験はあるもののこのような
大型船での旅は3泊4日といえども初めて、見渡しても日本人は私達だけ。
大丈夫かしら…不安は募ります。

その不安は…的中しました。
厳しい乗船審査がいやになるくらい何度も何度も行われました。

COSTAのキャビンに入室できたのは午後7時を過ぎていました。
しかも私どものスーツケース2つがまだ部屋に届いていません。
待っていてもらちが明かないと判断し、船内インフォメーションに書かれていた
ディナー会場(11階のデッキ→バイキング)に向かいました。
あいている席に座ると、ノルウェーからのご夫婦が加わられました。
美味しいお食事と楽しいお話しにしばし癒されました。

午後9時過ぎ部屋に戻るとスーツケースが1つだけ届いていました。
もう一つのスーツケースはどうなっているの?
まだロビーにも届いていませんでした。
持ってきたワインが災いしました。

午後11過ぎやっとワインを取り除かれたスーツケースを部屋に持って帰ることができました。
荷物でこんなに手間取るとは本当に驚かされました。

困ったことはまだあります。
部屋に電話がありましたがフロントの番号がどこを探しても見当たりません。
乗船時にもらった翌日のバーベキュー案内の名刺の番号に電話したら
やっとフロントの番号を教えてくれました。
88(ダブルエイト)です。どうしても聞きたい事があったので88を押しました。
でも何度かけても Line is busy というばかりです。

実は船室に入った時にテーブルの上の氷で冷えたシャパンが目に付いたのです。
これは有料? それともビガートラベルさんからのお心遣い?
そんな事が気になっているとクルーが明日の予定表を持ってきました。
午後11時を過ぎてですよ。
Thank you と受け取りましたけど…“ドアの下から入れてよ”と思ってしまいました。

でも、シャンパンの事が聞ける!と思い、尋ねると33のルームサービスに電話しろとの事。
しかし、こちらもフロント同様、何度かけてもLine is busy と
アンサリングマシーンの声ばかり。
あぁ!!! これがイタリアの船。まさにイタリア人の気質をうかがわせるシップだと思いました。

明日の予定表にざっと目を通して横になりました。
夫はすでに深い睡眠状態。
ツインの大きなベッド、テレビもある、シャワートイレも使いやすい、
窓を開ければ素敵な椅子とテーブルの付いたプライベートバルコニー。

ハードは良いけどソフトは良いとは言えないかも…
そんな思いで眠りについたのは1月21日の午前0時過ぎでした。

シンガポールクルーズ乗船記 アジアクルーズ乗船記

line

まちこ先生の海からのらくがき
まちこ先生の海からのらくがき① ~シンガポール出航~
まちこ先生の海からのらくがき② ~マラッカ~
まちこ先生の海からのらくがき③ ~ペナン島~
まちこ先生の海からのらくがき④ ~シンガポール下船~
まちこ先生の海からのらくがき⑤ ~40年ぶりのシンガポール~


まちこ先生の海からのらくがき② ~マラッカ~

まちこ先生の旅からのらくがき元日系国際線客室乗務員。現在はマナー講師として全国で活躍中。

voice_icon02 コスタ・ビクトリア シンガポールクルーズ 2016年 1/20-24 
  まちこ先生の海からのらくがき② 


旅の2日目の始まりです。
朝食は広くて素敵なレストランで頂きました。
きちんとオーダーを取り(ジュース、卵料理、ヨーグルト等)丁寧な対応でした。

午前9時にマラッカに着きました。
下船チェック(ショルダーバッグ)後80人乗り位のボートで桟橋に向かいます。
15分位で桟橋に着きました。

1時間45リンギットで4時間のハイヤー観光をお願いしました。
→チップを含めて200リンギット(約6000円)幸いとても良いドライバーさんでした。
限られた時間の中を次の5箇所に連れて行ってくれました。

1、青雲亭寺院 ➡ マレーシア最古の華人による仏教寺院。
1646年に中国から運ばれた材料で建立、漁民の守護神として
信仰され多くの参拝者がいました。日本の寺院とは全く異なる雰囲気でした。

2、カンポンクリンモスク ➡ マレーシア最古のモスク
1868年マラッカに住むインド人によって建立。
イスラム教徒以外は建物の中には入れませんが、水をたたえた境内が美しく癒されました。

3、セントジョーンズ砦 ➡ マラッカの町が見渡せる丘の上にある。
18世紀オランダ人によって再建築されたもの。
マラッカの町を背にドライバーさんとの2ショットは良い思い出です。

4、マレーシアンハウス ➡ 上品な老婦人が今も守っている古いマレーシアのお屋敷。
中は風通しがよく涼しい。
リビング、ベッドルーム、キッチン、お庭と全てが豪華で美しく
住みやすそうな素敵なお屋敷でした。

5、マラッカ海峡モスク ➡ 珍しい水上モスク。
満潮時は神秘的な水上モスクになるとの事。宮島の満潮時の厳島神社と重なりました。
ムスリムでなくても、衣装を着替えると建物の中に入れます。
白色が海の青色に映える美しいモスクでした。

シンガポールクルーズ乗船記 シンガポールクルーズ乗船記

マレーシアクルーズ乗船記 クルーズ乗船記

マラッカでの午前10時から午後2時までの観光はアッという間に終わりました。
桟橋に戻ると、COSTAまでのボートに乗る人々であふれかえっていました
ボートに乗れるまで、40分位は待ったでしょうか。

COSTA に戻れたのは3時くらいになっていたと思います。
マラッカ出港が16時ですから丁度良いイクスカージョンでした。

マラッカで一番印象に残ったのはマラッカ海峡モスクです。
無料のムスリムの衣装に着替えて建物内に入れたこと。
白いモスクから見た青い海の美しかった事。
又、マレーシアンハウスも楽しかったです。
豊かな昔ながらのマレーシアの人々の生活を思い描けました。

ボートがCOSTAに着き手荷物チェック後、客室に戻るとディナーの場所と
席番号の書かれたカードが置いてありました。
ディナードレスコードはベストな物の様です。
私たちはカジュアルエレガントな装いでレストランに向かいました。

テーブルはデンマークのグループ5人のお隣でした。
席への誘導もオーダーの取り方、サービスも感じ良いものでした。
メインディッシュ、夫はロブスターを私はステーキを選びました。
スープからデザートまでなかなか良いお味でした。

お食事をしながらお隣のデンマークからの方々とすっかり仲良くなりました。
写真をみんなで取りました。帰国後もちろんメールでお届けしました。

部屋に戻ってなんだか今日は良い日だったなぁと幸せな気分になりました。

でも、テ、テ、テーブルの上のシャンパンが気になります。
氷はすっかり解けてしまいました。
水の中のシャンパンが気になりながらプライベートデッキで夫とビールで乾杯! 
1月21日は楽しく過ごせました。

マレーシアクルーズ乗船記 マレーシアクルーズ乗船記

クルーズ乗船記 マレーシアクルーズ乗船記

マレーシアクルーズ乗船記
line

まちこ先生の海からのらくがき
まちこ先生の海からのらくがき① ~シンガポール出航~
まちこ先生の海からのらくがき② ~マラッカ~
まちこ先生の海からのらくがき③ ~ペナン島~
まちこ先生の海からのらくがき④ ~シンガポール下船~
まちこ先生の海からのらくがき⑤ ~40年ぶりのシンガポール~


まちこ先生の海からのらくがき③ ~ペナン島~

まちこ先生の旅からのらくがき元日系国際線客室乗務員。現在はマナー講師として全国で活躍中。

voice_icon03 コスタ・ビクトリア シンガポールクルーズ 2016年 1/20-24 
  まちこ先生の海からのらくがき③ 


1月22日午前8時 船はペナン島に到着しました。
ペナンではシップはリバークルーズのように着岸されていました。
直ぐに下船できるのでこれは良い!!!
美味しい朝食を頂いた後、ゆっくり下船。

桟橋からずっと冷房の効いた建物を進んでいくと突き当りに
タクシー会社のデスクがありました。
1時間当たり50リンギットです。
3時間以上からコースを選べます。3時間コースを選びました。
前払いで、150リンギットを支払いました。

すると若くてハンサムなドライバーが自己紹介をしてくれました。
10時から13時迄の観光です。彼が連れて行ってくれたのは4箇所でした。

1、寝釈迦仏寺院 ➡ 東南アジアで2番目に長い涅槃像を奉るタイ仏教寺院。
寺院の前には大きな竜が釈迦を守るように居座っている。
私は亡き両親と姉の冥福をお祈りいたしました。

2、ダーミカラマビルマ寺院 ➡ 寝釈迦仏寺院の向い側のきらびやかな金色の屋根の建物。
思わず写真を一枚パチリ。

3、極楽寺(ケロックシー) ➡ ペナンヒルのふもとにあるマレーシア最大の仏教寺院。
各東南アジアの仏教宗派の建築様式が建物に現れ色彩豊かなユニークで美しい寺院。
高いパゴーダには凄い迫力がある。
なんだかネパールやチベットの雰囲気を醸し出しているなぁと感じました。

4、クーコンシー ➡ 中国南部出身のクー家の霊廟。
1906年に建設された清朝様式の建物。屋根の装飾は素晴らしい!

若いハンサムなドライバーさんのお蔭で楽しいペナンでのひと時を過ごせました。

アジアクルーズ乗船記 シンガポールクルーズ乗船記

アジアクルーズ乗船記 アジアクルーズ乗船記

午後1時に船に戻るとランチを食べに行きました。
食事はバイキング。好みの物を選んで頂きました。
熱い中の観光後でおなかがすいており、美味しく頂けました。

昼食を頂いていると15時、船がペナンの港、ジョージタウンを
出港していくのがわかりました。
ゆっくりゆっくり港、桟橋が遠ざかっていきます…。

さて、夜のディナーですが、昨夜配られたインフォメーションには11階、
つまりランチを頂いた所とあったのですが…、
おかしいと思った夫が正しい場所に連れて行ってくれました。
つまり昨日と同じ場所同じテーブルへ。

デンマークのグループはすでにデザートまで進んでいます。
遅れて席に着いた私達はスープとスパゲティ、アイスクリームを頂きました。
コースをかなりスキップしましたが味もサービスも悪くはありません。
レストランのサービスはとても良いと思いました。

食後にはいろいろなイベントが用意されていました。
ホールでのクルーとのダンスタイム(30分)、
シアターでのイタリアのショー(ミニオペラ→30分)、
11階プールサイドでのチャチャチャレッスン等。
私はすべてに参加してCOSTA の最後の夜を楽しみました。

この夜ホールで美しい和服姿の女性を見かけ初めて日本人の乗客が
おられることに気が付きました。
彼女は札幌から来られた3人家族のママ、陽子さんとおっしゃる方。
すぐにお友達になりました。

こうして1月22日も楽しく終わろうとしていました。
今日のディナーのインフォメーションはちょっといただけないと思いながら、
室に戻るとドア横のボックスに明日の予定表が入っていました。

部屋に入ると、アンケート用紙(初めての日本語)がベッド添いのテーブルに
置かれているのに気付きました。
でもあまりにも良くないハプニング続きに記入する気は起りませんでした。

その時、またまた午後11時ドアノック。ワインが戻ってきました。
そしてスーツケース2つも。
明日の下船に備えて荷物のパッキングをざっと、しておきました。

いよいよ明日はシンガポールです。

到着が1月23日、14時なのでゆっくりできる、
そんな思いでペナンでの暑かったけど楽しく有意義だった観光を振り返りながら、
夫と飲み物で乾杯!!

テーブルの上のぬるくなった水の中のシャンパンを気にしながら……。

コスタクルーズ乗船記 クルーズ乗船記

line

まちこ先生の海からのらくがき
まちこ先生の海からのらくがき① ~シンガポール出航~
まちこ先生の海からのらくがき② ~マラッカ~
まちこ先生の海からのらくがき③ ~ペナン島~
まちこ先生の海からのらくがき④ ~シンガポール下船~
まちこ先生の海からのらくがき⑤ ~40年ぶりのシンガポール~


まちこ先生の海からのらくがき④ ~シンガポール下船~

まちこ先生の旅からのらくがき元日系国際線客室乗務員。現在はマナー講師として全国で活躍中。

voice_icon01 コスタ・ビクトリア シンガポールクルーズ 2016年 1/20-24 
  まちこ先生の海からのらくがき④ 


カーテンの隙間からこぼれる朝日の光で午前7時過ぎ目が覚めました。
船は14時にシンガポール到着です。

まだ、マレーシアの領海を航行中のはず。
本格的にパッキングをしていると夫が起きてきました。
2人で朝食後部屋に戻るとドア横のボックスに請求書が入っていました。

20日~22日迄に使った料金と明細が書かれていました。
チップの72ドルもちゃんと含まれています。
でも、シャンパンの料金は入っておりません。
という事は…
カードはなかったけどシャンパンは、ビガートラベルさんのお心遣いだったのだ…。
この時やっとわかりました。

この支払いの時も大変な行列でした。支払いは米ドルでしました。
ここからの支払いは飲み物や免税品もすべて現金支払いとなります。
夫が支払っている間、私は4点の免税品を購入しました。
部屋に戻り再びパッキング開始。

シャンパンは壊れないように衣類やタオルにくるんで持ち帰ることにしました。
部屋に忘れ物の無いように慎重にスーツケースに入れていきます。

………するとドンドンとけたたましくドアをノックする音。
一体何事?
いぶかしげにドアを開けると男性クルーが10時を過ぎたから部屋を出ろ!というのです。
えぇー!!!!! そんな!!!!! シンガポール到着は14時ですよ。
その事をいくら説明しても Get out in ten minutes.との答え。
しょうがない(これは我慢する日本文化)急いでパッキングを済ませることにしました。

又、ドンドンドンとドアノック。
開けると先程のクルーが10分過ぎたから出てくれ、というのです。
私は尋ねました。14時の到着までどこにいればいいの?
すると彼の返事は“スーツケースを部屋の外に置いたらホ―ルか6階のバーにどうぞ”でした。
ホールに行くと物凄い人です。

6階のバーに行きました。そこにはあいている椅子があり2人で座り込みました。
11時からは11階のレストランでビュッフェランチが始まります。

エレベーターでそちらに向かおうとしていると、
昨日お会いした陽子さんファミリィと一緒になりました。
彼女たちも(ご主人とお子さん)部屋を追い出された事にそうとう驚かれた様子でした。
シンガポール到着までそのファミリィとご一緒にランチと楽しいお話。
お蔭で3時間が割と速く過ぎました。

この間にパスポートを取りに行き、下船準備もしておきました。
20日に出航した時のシンガポールの景色が段々近づいてきました。

シンガポールに到着しました。
QIC も大変な人数ですから結構時間がかかります。
煙草とお酒の申告はきちんとした方が良いですね。
シャンパンは直ぐにOK になりましたが、シンガポールの煙草の審査は厳しいです。

船内の免税店で夫が買って残った8箱に厳しいチェックが入りました。
S$68の税金がかかるので、夫の話によると要らないといって置いてきた、
税金はもちろん払わなかったとの事です。
良い勉強になりました。

スーツケースと共に乗船手続きをした場所に出られたのは3時半頃でした。
そして間もなく4時になると20日にお別れしたDroiさんが満面の笑顔で
私たちを出迎えて下さいました。

運転手のTekuさんがスーツケースを車に入れて下さいました。
さぁ、これから5時間のシンガポール観光が始まります。

マレーシアクルーズ乗船記 アジアクルーズ乗船記

line

まちこ先生の海からのらくがき
まちこ先生の海からのらくがき① ~シンガポール出航~
まちこ先生の海からのらくがき② ~マラッカ~
まちこ先生の海からのらくがき③ ~ペナン島~
まちこ先生の海からのらくがき④ ~シンガポール下船~
まちこ先生の海からのらくがき⑤ ~40年ぶりのシンガポール~


まちこ先生の海からのらくがき⑤ ~40年ぶりのシンガポール~

まちこ先生の旅からのらくがき元日系国際線客室乗務員。現在はマナー講師として全国で活躍中。

voice_icon2 コスタ・ビクトリア シンガポールクルーズ 2016年 1/20-24 
  まちこ先生の海からのらくがき⑤ 


40数年ぶりのシンガポール
私にとっては文字通り“浦島太郎”状態でした。
緑の木々に囲まれていた南国ムードの漂っていた街は大都会に代わっていたのです。
だからこそ再び訪れたかった。

ドライバーのTeku さんも日本語ガイドのDroiさんも本当に良い方でした。
限られた5時間を目いっぱい有効に案内してくださいました。
私のリクエストも含めてご案内下さったのは次の所です。

1、観覧車(フライアー) ➡ シンガポールの見所を一通り見渡せる乗り物で、
40分から60分かけて回る。スコールだと乗れなくなるとの事、
それを心配して一番先に行きました。絶景です….。

2、ガーデンズバイザベイ ➡ フラワードーム(ドームの中には色々な種類の花々が)、
クラウドフォーレスト(フォーレストの名前のように沢山の種類の木々で森のよう)、
Super trees(25m~50mの18本の巨大人工ツリーで出来ており、
2本のツリーは全長128mのスカイウエイ、空中散策路でつながっていて
マリーナベイサンズ等を背景に雄大な景色を堪能できる、
長蛇の列を待ってでも絶対行くべき)を見て回りました。
時間がない場合、Super treesをお勧めします。

3、カトン地区 ➡ ここは私の希望で案内して頂きました。
旅の前にネットで調べて行きたかった場所です。
外壁はパステルカラーで間口が狭く奥行きの深い作りが特徴。

ガイドさんの説明によるとブラナカン(中国の男性とマレーシアの女性の結婚)の
人々の居住地区。期待以上にとてもかわいらしいハウスが通りを挟んで
両側に並んで建てられていました。

4、アラブストリート ➡ 段々日が落ちてきたので、車窓からの眺め。
でもアラブ独特のエキゾチックな雰囲気を楽しむ事ができました。

5、グッドウッドパーホテル ➡ こちらも私のリクエストで行って頂きました。
シンガポールを訪れるたびに宿泊していたホテルです。
エントランス前迄行って頂きました。何て懐かしい!!!
このホテルだけは当時のまま、全く変わっていませんでした。

本当はロビーでお茶の一杯でも,,,、の所でしたが先を急ぐ必要があり、
クラークキー等を車窓で眺めながら、再びマリーナベイに引き返しました。

6、マリーナベイサンズナイトショー ➡ 毎晩無料で行われる光と音楽と水のショウー
(約15分間) 
DroiさんとTekuさんはこのショーを私たちに見せるために急いでくれたのです。
そのおかげで、午後8時からのショーを心から楽しむ事ができました。
まるで幻想の世界に紛れ込んだような不思議な美しさの中に浸ることができました。

シンガポールクルーズ乗船記 シンガポールクルーズ乗船記

シンガポールクルーズ乗船記 シンガポールクルーズ乗船記

ショーを終えてDroiさんの待つ場所に戻ると時計はすでに8時20分です。
そのことを彼女に伝えると、せっかくマリーナベイサンズホテルに来たのだから、
ロビーで写真を撮りましょうと言ってくれました。

長い広い高級感あふれる場所を潜り抜けロビーに出ました。
高い吹き抜けのヒローイそのロビーで私共の写真を撮って下さいました。 

空港まで30分はかかります。
シンガポールでの5時間の観光は終わりを告げようとしています。
そして、車はチャンギ国際空港へ。

Droi さんは航空会社のカウンターへも付き添って下さいました。
そればかりか出国ロビーの手前迄も。私ども夫婦は彼女に心からお礼を言いました。
「Droiさん、ありがとうございました。とても楽しかった。本当にありがとう!!!」 
彼女は優しい笑顔でちぎれるほど手を振りながら
出国手続きへ向かう私たちを見送って下さいました。

シンガポールでの5時間、なんと楽しく有意義で忘れがたいひと時だったことでしょう。
出国手続きを終え、ラウンジへ向かいました。

福岡への便は24日の午前1時過ぎの離陸です。
ラウンジで旅を振り返りながらゆっくりとくつろぐことができました。
ボーディングの呼び出しランプで搭乗口へ。

飛行機は真夜中のシンガポールを飛び立ちました。
スムースな離陸で旅の幕は下りようとしています。

シンガポールクルーズ乗船記
line

まちこ先生の海からのらくがき
まちこ先生の海からのらくがき① ~シンガポール出航~
まちこ先生の海からのらくがき② ~マラッカ~
まちこ先生の海からのらくがき③ ~ペナン島~
まちこ先生の海からのらくがき④ ~シンガポール下船~
まちこ先生の海からのらくがき⑤ ~40年ぶりのシンガポール~